よくある質問

匿名組合契約とは何ですか?

匿名組合契約とは、商法の535条~542条に規定されている契約形態で、当事者の一方(匿名組合員)が相手方(営業者)の営業のために出資をし、その営業者がその営業から生じる利益を匿名組合員に分配することを約束する契約をいいます。

当社グループのファンドの例で説明しますと次のようになります。

お客さま(匿名組合員)が、クラウドクレジット・ファンディング合同会社(営業者)の営業のために出資します。営業者は、その資金をファンドごとに予定された形態で投資して運用し利益をあげます。

そしてその利益を、お客さま(匿名組合員)分配します。そのことを約束する(法的な権利義務関係などを定めている)のが匿名組合契約です。

更新日:2017年07月05日

ありがとうございました

よろしければ、ご意見をお聞かせください。

件名:

お問い合わせ内容:

添付ファイル:
※最大サイズ10MB

閉じる

クラウドクレジットのFacebook

クラウドクレジットのTwitter